Thursday, September 22, 2016

世界=心の対象=心の投影

次のティク・ナット・ハンの法話を1:31~2:14迄、深くご覧ください。


以下は、ビデオからの抜粋です。

引用:
ですから、今、ここで、私たちの体の中で、気持ちの中で、心の中で、心の対象である世界の中で、起こっていることに自分を気付かせてあげるエネルギーの一種として、マインドフルネスを定義することができます。仏教の伝統では、私たちは常に、「世界は私たちの心の対象である」ということを覚えておこうとします。私たちの心と世界は、知覚を形成します。(私たちの心が)知覚の主体、(世界が)知覚の客体
:引用終わり

(解説)
世界は、私たちの心の対象、即ち私たちの心の投影です。ですから、世界は私たちの心の状態に依存します。デヴィッド・ボームは、「私たちの見方は、私たちの考え方に依存する」と言いました。世界には2種類、即ち外部の世界と内部の世界があります。

< 外部の世界 >
穏やかでない心(波立つ水)⇒映し出せない(反射できない)=幻想
穏やかな心(静水:鏡)⇒映し出せる(反射できる)=現実

私たちの心が穏やかでないなら、外部の世界は幻想です。なぜなら、私たちの心は外部のあるがままの現実を映し出せない(反射できない)からです。それは、池の波立つ水のようなものです。
私たちの心が穏やかなら、外部の世界は現実です。なぜなら、私たちの心は外部のあるがままの現実を映し出せる(反射できる)からです。それは、池の静水、即ち鏡のようなものです。

< 内部の世界 >
透明でない心(汚れた水)⇒見通せない幻想
透明な心(透明な水)⇒見通せる=現実

私たちの心が透明でないなら、内部の世界は幻想です。なぜなら、私たちは内部のあるがままの現実を見通せないからです。私たちの心は池の汚れた水のようなものです。
私たちの心が透明なら、内部の世界は現実です。なぜなら、私たちは内部のあるがままの現実を見通せるからです。私たちの心は池の透明な水のようなものです。

それ故に、現実の本質に触れるためには、私たちは透明で穏やかな心を持つ必要があります。透明で穏やかな心を持つ手法は、仏陀とティク・ナット・ハンが説くマインドフルネス、集中、洞察です。 

(参考)http://www.amazon.co.jp/dp/B012YZBHHS

ニュージーランド、クック山国立公園、マセソン湖