Saturday, July 15, 2017

相互依存と非二元性の洞察

次の「プラム・ビレッジの宝石」に関するタイ・ファップ・ダンの法話ビデオを深くご覧ください。


引用:
(54:00) 相互依存の洞察
あなたが誰かを憎んでいるなら、それはあなたがあなた自身を憎んでいることを意味します。相互依存、相互関連性。あなたの苦しみは彼の苦しみです。あなたの笑顔は彼女の笑顔です。ですから、あなたが彼を罰したいのなら、あなた自身を罰することになります。(中略)ですから、相互依存の洞察(智慧、理解)が非常に重要です。なぜなら、通常私たちは自分のエゴに執着(我執)しているからです。それで、相互依存、相互関連性の洞察を忘れていたのです。私たちは人間レベルでつながっているだけでなく、命の本質レベルでもつながっているのです。

ですから、相互依存の洞察とは、あなたはあなた一人ではないという意味です。ですから、実際には相互依存の洞察は、「無我」の洞察です。 それは仏陀の非常に重要な教えです。(中略)(「無我」とは)独立した存在はないという意味です。相互依存とはそういう意味です。あなたは一人ではありません。 あなたは一人ではあり得ないのです。(中略)ですから、相互依存、相互関連性とはそのような意味です。あなたは一人ではなく、一人ではあり得ませんので、他の人のことを気遣うのです。

(1:01:47) 非二元性の洞察
(1:03:26) 仏陀の教えの一つに、「あなたは彼と異なる」という二つの見方、二重の見方があります。あなたは知覚者であり、彼はあなたの知覚の対象であり、(二者は)異なっています。 これは(主体と客体という)二重の見方を意味します。私たちが二重の見方に捉われるなら、すぐに問題が発生します。あなたは彼を裁き始めます。あなたは彼を箱に入れます。良い僧侶か悪い僧侶か、といった箱です。 私たちは既に問題を抱えており、一緒に暮らすことはできません。

ですから、私たちはこの二重の見方を超越しなければなりません。私はあなたとは違う。私はあなたを裁いています。私が裁判官で、あなたは私の裁判の対象となります。二重の見方の超越は、非二元性、非差別と呼ばれています。あなたは私の心の群れです。あなたは私の心の対象です。そして、もし私が自分の心を変えなければ、私はあなたを変えることはできません。ですから、あなたがサンガの誰かを好きでないなら、あなたの心を変えてください。サンガに好きでない人がいるなら、あなたの心を変えなければなりません。(それが)非二元性。そして、苦しみと幸せも同じことです。幸せを追いかけるために、苦しみを投げ捨てないでください。苦しみが幸せを作るのです。 それはちょうど、を作るゴミ(堆肥)のようなものです。

非二元性とは、たとえ悟りや幸せであっても、何にも執着しないことを意味します。(中略)すると、私たちは二重の執着から解放されるでしょう。仏陀は、その二重の執着を取り除く必要性に言及しました。私たちは常にその二重の執着を持っています。それは非常に深い所にあり、エゴによって制御されています。ですから、裏でエゴがこれらの裁きや差別の全てを行っているのです。エゴが非常に強力なことはご存じですよね。そして、(非二元性の) 非常に強力な洞察が、全ての苦しみの合計を取り除くのに役立ちます。非二元性。私はあなたです。私は私の父です。私は私の先生です。
:引用終わり

(参考) http://goo.gl/BPW8W8

タイ・ファップ・ダン

Friday, July 14, 2017

非二元性の洞察と思いやり

次のタイ・ファップ・ダンによる非二元性と思いやりの洞察についての法話を深く傾聴してください。
http://deerpark.libsyn.com/2017-04-16-thay-phap-dang?tdest_id=113448

(50:15)
私は怒りに反応しません。 
(50:35)
ですから、もし洞察(理解)があるなら、私たちは行動の仕方を知っています。私たちは暴力に耐えることができます。その男が暴力の一部を解放できるように、私たちは身体的な痛みを受け入れることができます。それは非二元性の洞察と呼ばれています。(中略)ですから、非二元性は思いやりのエネルギーを育みます。それが、私たちの社会に必要なものです。もし誰かがあなたを殺すなら、思いやりを使ってください。なぜなら、そうしなければ、私たちは一杯苦しみ、相手も一杯苦しむからです。ですから、私たちに必要なのは、実際には思いやり、つまり思いやりのエネルギーです。天国に入るための入り口、平和、幸福、思いやりを体験するための入り口を忘れないでください。思いやりだけが、苦しみと暴力に満ちたこの社会に対応できるのです。

(解説)
非二元性の洞察とは、「空」(独立した存在の不在)、相互依存、即ち全体性という究極の真理を理解することを意味します。ですから、私たちが非二元性の洞察を得ると、分離も差別もなくなります。私はあなたであり、あなたは私です。あなたの苦しみは私の苦しみであり、あなたの幸せは私の幸せです。この洞察は、平和幸福をもたらす思いやりを発生させます。 

(参考)https://www.amazon.co.jp/dp/B012YZBHHS

タイ・ファップ・ダンとティク・ナット・ハン

Thursday, May 25, 2017

『瞑想教室』(マインドフルネスの実践ー生徒募集中)

私の『瞑想教室』で教える「マインドフルネス」を理解するのに役立つ動画等は次の通りです。ご参考迄。『瞑想教室』にご関心のある方からメールを戴ければ幸いです。(メール宛先:compassion5151@yahoo.co.jp)尚、『瞑想教室』はSkypeやGoogleハングアウト等のビデオ通話も対応可能です。

<成人用動画他
① Gone With The Wind - Thich Nhat Hanh & Plum Village 1~4
(日本語)http://compassion5151.blogspot.jp/2016/03/1.html
http://compassion5151.blogspot.jp/2016/03/2_22.html

② WALK WITH ME - International Trailer

③ Uncommon Conversations: Thich Nhat Hanh and Br. David Steindl-Rast and Gratefulness

④ Mindfulness: Be Happy Now - Trailer
(参考)https://plumvillage.org/news/mindfulness-be-happy-now-documentary/
(日本語)http://compassion5151.blogspot.jp/2016/11/1_22.html
http://compassion5151.blogspot.jp/2016/11/2_28.html

⑤ The Awakening Bell
(日本語)http://compassion5151.blogspot.jp/2016/04/blog-post_20.html

⑥ Conversations on Compassion with Thich Nhat Hanh (CCARE at Stanford University) 

⑦ Thich Nhat Hanh - Oprah Winfrey

⑧ Thich Nhat Hanh: "Mindfulness as a Foundation for Health" | Talks at Google

<子供用動画他
① Teach Breathe Learn book trailer

② Mindful Schools In-Class Instruction


③ Mindfulness for Children

【土山 仁士 プロフィール】
マインドフルネス実践家・教師。早稲田大学法学部卒。三菱商事他で幅広い経営部門を経験。自らの経験を通して行き過ぎた物質至上主義の弊害を痛感し、精神価値を創造する手法を発信中。ティク・ナット・ハンの教えを英語で学び、オンライン・サンガで毎日瞑想を実践しており、2014年3月に苦しみの根本原因の洞察を得、2015年3月に概念の絶滅を達成。真の平和、喜び、幸せを手に入れるには理解と愛と思いやりが必要であり、そのためにはマインドフルネスと集中と洞察が必要であると確信し、その普及をしています。

<代表的な電子書籍>
「自分を目覚めさせる方法」 ーマインドフルな生き方 ー
https://www.amazon.co.jp/dp/B012YZBHHS
「無条件の愛」 ーあるがままの自分を受け容れる ー
http://goo.gl/BPW8W8

オンライン・サンガでティク・ナット・ハンの教えを視聴中
http://www.mindfulnessbell.org/directory/

Monday, May 22, 2017

Meditation & Enlightenment

Listen deeply to the following Thay's Dharma talk about "Meditation".

If you are asked, "Why do you meditate?", Can you answer, "Because I like it."? If you can, your meditation is in the right track. That's because meditation is an enjoyment. We don’t force it, but we enjoy it. It is an act of love.

We can get enlightenment just by eating because we can get in touch with the nature of reality, no self. When we eat, we know that we are made of non-we elements, or the whole cosmos (water, air, earth, sunshine). We are not separate existence, we are empty of separate self (no self). 'No self' is the nature of 'emptiness' in terms of space, while 'impermanence' is the nature of 'emptiness' in terms of time. This insight enables us to transcend the duality and attain the wholeness. We can throw away all notions such as birth and death because we are convinced that all notions are wrong. When we attain the extinction of all notions, we won't think anymore, we won't separate anymore. We will dwell in nirvana (ultimate dimension), touching the wonders of life, touching the true nature of reality inside and around us.

For enlightenment, we don't need to be ordained, we don't need to get the lamp transmission. It is possible right here and right now.

(cf.) https://www.amazon.com/dp/B014NYEP04

Thich Nhat Hanh & his disciples

Friday, May 19, 2017

Awakening

Watch deeply the following Dharma talk video about "Celebrating Our Awakening" by Thay Phap Linh.


(My commentary)
Awakening means:
to wake up.
to go home to yourself.
to return to your true self (non-separate self, Dharma body, cosmic body, awareness, Buddha nature, Divine nature ...etc.)
to transform yourself from ego (separate self) to true self (non-separate self).

The key is to stop thinking.

But if you are starving to death, you can never stop thinking.

So, top priority is that your life will be secured until your natural death.

When your survival plan is clearly established, challenge your awakening!

If you can concentrate on your breathing, only one in-breath (a few seconds) will be enough for your awakening as Thay says.

And if you attain insight of the ultimate truth (emptiness, interbeing, non-separation, non-duality, wholeness), you will be able to throw away all notions. That's full enlightenment.

(cf.) https://www.amazon.com/dp/B014NYEP04

Thay Phap Linh

Monday, May 1, 2017

Insight of interbeing and non-duality

Watch deeply the following video of Dharma talk by Thay Phap Dang about "The Jewels of Plum Village". 


Quote:
(54:00) Insight of interbeing
If you hate someone, it means you hate yourself. Interbeing, interconnectedness. Your suffering is his suffering. Your smile is her smile. So, if you want to punish him, you punish yourself. ... So, insight of interbeing is so crucial. Because usually we attach our ego. So, we forgot about the insight of interbeing, interconnectedness. We are relating, we are connected in the level of human being but also in the level of nature of life.

So, the insight of interbeing means that you are not yourself (alone). So, actually it is the insight of "no self". It's very important teaching of the Buddha. ... And not a separate existence. Interbeing is like that. You are not alone. You can not be alone. ... So, interbeing, interconnectedness is like that. You concern for other people because you are not alone, you can not be alone. 

(1:01:47) Insight of non-duality
(1:03:26) One of the teachings of the Buddha says that there is two views, double views (?) that you are different from him. You are the perceiver and he is the object of your perceiving and different. It means double views. If we are caught in that, we have problems right away. You begin to judge him. You put him in box. Whether a good monk or a bad monk, you know. We already have problems, can not live together. 

So, we have to transcend this double views; I'm different from you. I'm judging you. I am a judge and you become the object of my judging. And that's called non-duality, non-discrimination. You are a pack of my mind. You are the object of my mind. And if I don't change my mind, I can not change you. So, if you don't like someone in the sangha, you change your mind. If there is anybody you don't like in the sangha, you have to change your mind. Non-duality. And the same thing is suffering and happiness. You don't throw away suffering in order to run after happiness. Sufferings make happiness. It's just like garbage make flowers.

Non-duality means no clinging to whatsoever, even enlightenment or happiness.  ... And we will be free from double grasping. Buddha said, called the need to remove that double grasping. We always have that double grasping. And its very deep down, it's controlled by the ego. So, the ego in the back, it's doing all of these judging, discriminating. You see it's very powerful. And very powerful insight (of non-duality), it helps to remove the total of all sufferings. Non-duality. I am you. I am my father. I am my teacher.
:Unquote

(cf.) https://www.amazon.com/dp/B00LA87R7A

Thay Phap Dang

Saturday, April 29, 2017

Insight of non-duality and compassion

Listen deeply to the following Dharma talk by Thay Phap Dang about the insight of non-duality and compassion.
http://deerpark.libsyn.com/2017-04-16-thay-phap-dang?tdest_id=113448

Quote:
(50:15)
I don't react to the anger. 
(50:35)
So, if we have an insight, we know how to act. We can endure the violence. We can take the physical pain so that the brother, that man can release some of his violence. And that is called the insight of non-duality. ... So, non-duality trains the energy of compassion. And that's what we need in our society. If somebody kills you, use compassion. Because if not, we will suffer a lot, and somebody (will suffer a lot). So, what we need is actually compassion, the energy of compassion. ... Remember the thresholds to go into the heavenly land and to experience peace, happiness and also compassion. Only compassion can deal with this society full of suffering and the violence.
:Unquote

(My commentary)
Insight of non-duality means understanding the ultimate truth of emptiness (empty of separate existence), interbeing, or the wholeness. So, when we attain insight of non-duality, there will be no separation, no discrimination. I am you and you are me. Your suffering is my suffering and your happiness is my happiness. This insight generates compassion which brings about peace and happiness

(cf.) https://www.amazon.com/dp/B014NYEP04

Thích Nhất Hạnh and Thay Phap Dang

Wednesday, March 15, 2017

認識 = 気付き = 悟り

次のティク・ナット・ハンの悟りに関する法話を00:47~02:49迄、深く傾聴してください。


以下は抜粋です。

引用:
唯一、仏陀、完全な仏陀が、一日中目覚めている人です。しかし、私たちは時折しか目を覚ましませんですから、私たちの日常生活の中でもっと目を覚ますために、マインドフルな呼吸を実践すべきなのです。

私は認識について話しますし、悟りについても話します。なぜなら、認識と悟りは同じ内容だからです。そして今、同一であるマインドフルネスという言葉があります。なぜなら、あなたが起こっていることに気付いている時、あなたは認識しており、あなたは悟っているからです。

ある実践を考えてみましょう。

「息を吸って、私は良い目を持っていることを知っている。」
「息を吐いて、私は私の目に微笑む。」

それが認識であり、それが良い目を持っていることの気付きです。しかし、それはまた悟りでもあります。なぜなら、私が良い目を持っていても、私がそれを知らなければ、私は全く悟っていないからです。ですから、悟っているということは、マインドフルである(気付いている)ことと同じ意味です。そして、あなたがそのような認識を持っているなら、一瞬一瞬悟りを得ることができます。

ですから、私たちの多くは失念して日々を過ごします。私たちは(肉体的には)生きていますが、私たちは(精神的には)生きていません。私たちは過去に迷います。私たちは将来について大変心配し、将来を恐れています。私たちは非常に多くのプロジェクトを作り、将来を楽しみにしています。私たちには、全てが存在している今、この瞬間に生きている能力がありません。そのように生きる人は失念して生きています。すると、彼らには生命が手に入りません。そして、彼らは死体を肩の上に担いで、彷徨いまわる人のように生きます。彼は既に死んでおり、彼女は既に死んでいます。
:引用終わり

(解説)
小さい子供たちや熟睡状態を除いて、ほとんどの人は目覚めていません。しかしながら、その人たちはマインドフルではありませんので、そのことを認識できません。本当に生きているためには、目覚めた意識(無自性自己)に戻ることによって、マインドフルになる必要があります。鍵は思考を停止することです。

(参考)https://www.amazon.co.jp/dp/B012YZBHHS


Tuesday, March 14, 2017

Awareness = Mindfulness = Enlightenment

Listen deeply to the following Thay's Dharma talk on enlightenment from 00:47to 2:49.


The followings are the excerpts.

Quote:
Only a Buddha, a full Buddha is someone who is awake all day. But we become awake from time to time. That is why we should practice mindful breathing in order to be more awake in our daily life. 

I talk about awareness, I talk about enlightenment because enlightenment and awareness, they are of the same substance. And now we have a word, mindfulness which is the same. Because when you are mindful of what is going on, you are aware and you are enlightened. 

Suppose a practice:

Breathing in, I'm aware I have good eyes.
Breathing out, I smile to my eyes.

That is awareness, that is mindfulness of having good eyes. But that is also enlightenment. Because if I have good eyes but if I don't know it, I am not enlightened at all. So, being enlightened means the same thing as being mindful. And you can get enlightened every minute if you have that kind of awareness

So, many of us spend our days in forgetfulness. We live, and yet we don't. We get lost in the past. We worry so much about the future and we are afraid of it. We make so many projects, we are excited about the future. We have no capacity of being alive in the present moment where everything is. And people who live like that live in forgetfulness. And life is not available to them. And they live like a person who carries the dead body on the shoulder and wanders around. He is already dead, she is already dead
:Unquote

(My commentary)
Most people are not awake except for small children and the deep sleep state. However, they can't recognize it because they are not mindful. In order to be really alive, we need to be mindful by returning to awareness (non-separate self). The key is to stop thinking. 

(Cf.) https://www.amazon.com/dp/B014NYEP04

Monday, March 13, 2017

Walking meditation 歩行瞑想

Watch deeply the following video of the walking meditation led by Sister Peace. 
https://www.facebook.com/SXSWFestival/videos/10154410993583994/?hc_ref=PAGES_TIMELINE

次のシスター・ピースに導かれた歩行瞑想のビデオを深くご覧下さい。
https://www.facebook.com/SXSWFestival/videos/10154410993583994/?hc_ref=PAGES_TIMELINE


The contrast between the walking meditators and ordinary walkers is interesting. It is expressed in the following beautiful trailer ('walk with me') as those who have arrived and those who have been running a lot but have not arrived.
http://walkwithmefilm.com/trailer/

(Cf.) https://www.slideshare.net/compassion5151/walking-meditation-62204227

歩行瞑想者と一般歩行者のコントラストが興味深いです。そのコントラストは、到着した人と、いっぱい走ってきたが到着していない人として、次の美しい映画「walk with me」の予告編に表現されています。 
http://walkwithmefilm.com/trailer/

(参考)https://www.slideshare.net/compassion5151/ss-62242338

Saturday, March 11, 2017

洞察 = 正見(正しい見方)

次のティク・ナット・ハンの「正見」に関する法話を、21:45~25:07迄深く傾聴してください。
https://tnhaudio.org/2017/02/26/practice-engaged-buddhism/
以下は抜粋です。

引用:
中国語では、八正道「八つの正しい実践の道」と翻訳されています。そして、第一は「正見」(正しい見方)です。絶対的真理によれば、正見は全ての見方の不在を意味します。それが正見と呼ばれています。私たちが全ての種類の見方を取り除いた場合にのみ、正見を持ちます。絶対的真理です。相対的真理である限り、あなたは手助けをするために道具を創造することができます。

そして、正見は、八正道四諦無常の教え、無我の教え、無願の教えであると見なされ得ます。そして、これらは教義、理論、信条として受け取られるべきではありません。これらは私たちの解放、変容に取り組むための道具として認識されるべきです。

ですから、正見の第一の意味は、全ての見方の不在です。そして、正見の第二の意味は、私たちの変容と癒しのために私たちを助ける道具の種類です。そして、ここでの正見は真の智慧です。正見は私たちを解放し、私たちの周りの人を解放する能力を持っています。
:引用おわり

(解説)
正見は全ての見方の不在を意味します。なぜなら、全ての見方は分離、差別、即ち二元性を引き起こす誤った見方であるからです。ですから、私たちが見方を持っているなら、煩悩が生じて苦しみます。私たちが全ての見方を取り除いた場合にのみ、正思惟(正しい思考=非思考)が可能です。

(参考)https://www.slideshare.net/compassion5151/ss-42025929


ティク・ナット・ハン

Thursday, March 9, 2017

理解 = 洞察

次のティク・ナット・ハンの「いかに敵を愛することを学べるか」に関するビデオを深くご覧ください。
http://www.filmsforaction.org/watch/thich-nhat-hanh-how-we-can-learn-to-love-our-enemies/
次の「思いやり、解毒剤」に関する記事を深くご一読ください。
http://www.filmsforaction.org/articles/compassion-the-antidote/
以下は上記記事からの抜粋であり、ティク・ナット・ハンの貴重なアドバイスです。

引用:
(怒りの対処法)
あなたが怒りに満ちているなら、他人への苦しみよりもあなた自身への苦しみを多く創造します。あなたに怒りのエネルギーが宿っている時、あなたは罰したい、破壊したいと思います。ですから、賢明な人は怒りがまだ自分の中に残っている間、何も言いたくないし、何もしたくないのです。ですから、まず自分自身に平和をもたらそうとしてください。あなたが穏やかな時、あなたが明晰である時、あなたは相手が、社会、両親、友人、環境によって伝えられた混乱の犠牲者、憎しみの犠牲者、暴力の犠牲者であることがわかります。 あなたがそれを理解できると、あなたの怒りはもはやありません。

(許し方)
許しは、私たちの心の中に思いやりが生まれるまで、可能ではないでしょう。たとえ、あなたが許したくても、許すことはできません。思いやりを持つためには、相手がなぜあなたやあなたの周囲の人にそんなことをしたのかを理解する必要があります。彼らが自分自身の混乱の犠牲者であり、自分自身の世界観の犠牲者であり、自分自身の悲しみの犠牲者であり、自分自身の差別の犠牲者であり、自分自身の理解と思いやりの欠如の犠牲者であることを、あなたは理解しなければなりません。

(理解と思いやりの実践法)
あなたがあなたの父親に怒っているとしましょう。多くの人が父親に怒っていますが、成長する時にそれを変えるために何もしなければ、彼らは自分の父親が自分にしたことを正に繰り返します。彼らは自分の子供たちに同じことをするでしょう。ですから、私たちはプラム・ビレッジにやって来る非常に多くの怒っている息子と娘を助けた瞑想の素晴らしい実習を持っています。それは以下の通りです。

息を吸って、私は5歳の子供の頃の自分自身を見ます。
息を吐いて、私は私の中のその5歳の子供を優しく抱きしめます。
息を吸って、私は私の中のその5歳の子供がもろく、傷つきやすいのを見ます。
息を吐いて、私は私の中のその小さな子供のを感じ、その子供の傷を優しく抱きしめるために思いやりのエネルギーを使います。

そして、続けます。
息を吸って、私は5歳の少年の頃の父親を見ます。
息を吐いて、私は5歳の少年の頃の父親に微笑みかけます。
息を吸って、私は5歳の少年の頃の父親がどれほどもろく、傷つきやすいかを見ます。
息を吐いて、私は5歳の少年の頃の父親に思いやりを感じます。

あなたの父親を、もろくて、感じやすい、いっぱい傷のある5歳の少年として、視覚化できる時、あなたは理解し、思いやりを感じ始めます。息子が理解と思いやりを実践できる時、もはや苦しむことはなく、息子の中の父親もまた変容されます。その瞬間、あなたの心の中に思いやりが生まれます。もう、許すことができます。

(思いやりの効果)
あなたが相手に傾聴する時、相手の発言は非難、責め、裁きなどで一杯かもしれませんので、あなたは怒らないようにするために、非常に思いやりを持つ必要があります。

あなたがあなたの中に思いやりを育まないなら、あまり長く聴くことはできません。あなたは、「私は、彼に心を空にする機会を与えるという、たった一つの目的で彼に傾聴します。私は慈善活動をしています」と言ってください。しかし、思いやりがあなたを怒りから守るでしょう。それ故に、思いやりは怒りの解毒剤なのです。思いやりで、あなたは他の人に関係することができるのです。思いやりなしでは、あなたは断ち切られます。

あなたが深く傾聴する技術、思いやりの技術を習得すれば、相手の心を開くことができます。あなたが愛に溢れた発言を通してあなたの中にあるあなたの感情を伝える方法を知っているなら、あなたは相手があなたを理解するのを助けることができます。ですから、コミュニケーションを再確立するために、許しを可能にするために、あなたはこの二つのすばらしいこと、つまり思いやりのある傾聴、及び愛に溢れた発言を実践することを学ぶべきです。
:引用おわり

(解説)
理解とは、マインドフルネス集中を通した洞察を意味します。ですから、苦しみの根本原因の洞察を得るためには、思考を停止し、苦しみを深く観る必要があります。

(参考)https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00KZJ34KO

ティク・ナット・ハン

Tuesday, March 7, 2017

Insight = Right View

Listen deeply to the following Thay's Dharma talk on Right View from 21:45 to 25:07.
https://tnhaudio.org/2017/02/26/practice-engaged-buddhism/
The followings are excerpts.

Quote:
In Chinese, it (The Noble Eightfold Path) is translated by "The Path of Eight Right Practices". And the first one is Right View. According to the absolute truth, Right View means the absence of all views. It's called Right View. We have Right View only when we remove all kinds of views. The absolute truth. As far as the relative truth, you can create devices in order to help. 

And Right View can be considered to be the Eightfold Path, the Four Noble Truth, the teaching on impermanence, the teaching of non-self, the teaching of aimlessness. And these should not be received as the dogma, theories, doctrines. They should be recognized as the instruments for us to work on our liberation, our transformation

So, we should know that the first meaning of Right View is the absence of all views. And the second meaning of Right View is the kind of instruments that help us for our transformation and healing. And Right View here is the true wisdom. It has the capacity of liberating us and liberating the people around us.
:Unquote

(My commentary)
Right View means the absence of all views. That's because all views are wrong views which cause separation, discrimination, or the duality. So, if we have views, afflictions arise and we suffer. Only if we remove all views, Right Thinking (= non-thinking) is possible. 

(Cf.) https://www.slideshare.net/compassion5151/notion

Thich Nhat Hanh

Monday, March 6, 2017

Understanding = Insight

Watch deeply the following video on "How We Can Learn to Love Our Enemies" by Thich Nhat Hanh.
http://www.filmsforaction.org/watch/thich-nhat-hanh-how-we-can-learn-to-love-our-enemies/
Read deeply the following article on "Compassion, the Antidote".
http://www.filmsforaction.org/articles/compassion-the-antidote/
The followings are excerpts from the above article which is Thay's precious advice.

Quote:
(How to deal with anger)
If you are filled with anger, you create more suffering for yourself than for the other person. When you are inhabited by the energy of anger, you want to punish, you want to destroy. That is why those who are wise do not want to say anything or do anything while the anger is still in them. So you try to bring peace into yourself first. When you are calm, when you are lucid, you will see that the other person is a victim of confusion, of hate, of violence transmitted by society, by parents, by friends, by the environment. When you are able to see that, your anger is no longer there.

(How to forgive)
Forgiveness will not be possible until compassion is born in our heart. Even if you want to forgive, you cannot forgive. In order to be compassionate, you have to understand why the other person has done that to you and your people. You have to see that they are victims of their own confusion, their own worldview, their own grieving, their own discrimination, their own lack of understanding and compassion.

(How to practice understanding and compassion)
Suppose you are angry at your father. Many people are angry at their father, and yet if they don’t do anything to change it when they grow up, they will repeat exactly what their father did to them. They will do that to their own children. That is why we have a wonderful exercise of meditation that has helped so many angry sons and daughters who come to Plum Village:

Breathing in, I see myself as a 5-year-old child
Breathing out, I hold that 5-year-old child in me with tenderness. 
Breathing in, I see the 5-year-old child in me as fragile, vulnerable, easily wounded. 
Breathing out I feel the wound of that little child in me and use the energy of compassion to hold tenderly the wound of that child.

But then you continue—
Breathing in, I see my father as a 5-year-old boy
Breathing out, I smile to my father as a 5-year-old boy. 
Breathing in, I see how as a 5-year-old child my father was fragile, vulnerable. 
Breathing out, I feel compassion for my father as a 5-year-old boy.

When you are capable of visualizing your father as a 5-year-old boy, fragile, tender, full of wounds, you begin to understand and feel compassion. When the son is capable of practicing understanding and compassion, he no longer suffers and the father in him is also transformed. That moment, compassion is born in your heart. Now it is possible to forgive.

(Effects of compassion)
You have to be very compassionate in order not to get angry when you listen to the other person, because their speech may be full of condemnation, blame, judgment, and so on.

If you don’t nourish compassion in you, you cannot listen very long. You say, “I listen to him only with one purpose, to give him a chance to empty his heart. I am doing charity work.” But compassion will protect you from anger, and that is why compassion is the antidote for anger. With compassion you can relate to other people. Without compassion you are cut off.

If you master the art of listening deeply and of compassion, you can open the heart of the other person. If you know how to convey your feelings that are inside you through loving speech, you can help the other person understand you. That is why in order to reestablish communication, in order for forgiveness to be possible, you should learn to practice these two wonderful things—compassionate listening and the language of loving speech.
:Unquote

(My commentary)
Understanding means insight through mindfulness and concentration. So, in order to attain insight of the root cause of suffering, we must stop thinking and look deeply into the suffering.

(Cf.) https://www.amazon.com/dp/B00LA87R7A

Thich Nhat Hanh

Saturday, March 4, 2017

正思惟(正しい思考) = 非思考

次のティク・ナット・ハンの正思惟(正しい思考)についての法話を、25:07~28:50迄、深く傾聴してください。
https://tnhaudio.org/2017/02/26/practice-engaged-buddhism/
以下は抜粋です。このティク・ナット・ハンによる正思惟(正しい思考)の明確な説明は、正に私が探していたものであり、完全に同意します。

引用:
次に、(八正)道の第二の側面は正思惟(正しい思考)です。絶対的真理に関する限り、正思惟(正しい思考)は全ての思考の欠如です。正思惟(正しい思考)は、現実との直接的な遭遇です。あなたは考える必要はありません。あなたがマンゴーを味わっているように、あなたは本物の、真の、本当のマンゴー体験をしているのです。マンゴーはこのような味、そのような味という風に、あなたはマンゴーの概念を考える必要はありません。あなたはマンゴーの現実を手に入れましたので、マンゴーの概念は何も必要ありません。そうでしょ?ですから、正思惟(正しい思考)は完全な非思考です。

しかし、あなたが本当のものを手に入れていない時には、迷子にならないように、数種の概念、数種の方向性が必要です。あなたはマンゴーの方向へ行かなければなりません。ですから、正思惟(正しい思考)は、4つの栄養の観点からの思考です。正思惟(正しい思考)は、無常(空の時間的側面)、無我(空の空間的側面)の観点からの思考です。正思惟(正しい思考)は、助けになります。なぜなら、あなたが我(自己)の永続性(永久不変)の観点から考えるなら、あなたはなおさら苦しむからです。そして、これらは4つの栄養としての教えであることを覚えておくことが常に重要です。四諦、八正道、無常、無我は、実践のための道具なのです。それは正思惟(正しい思考)です。

そして、あなたがこれらを概念として、戦ってそのために死ぬ教義として考えるなら、それはもはや正思惟(正しい思考)ではありません。たとえ、これらが仏教用語であったとしても、私たちは仏陀の教えから自由でなければなりません。私たちは仏陀の教えからでさえ自由でなければならないのです。あなたが仏陀の教えに捕捉されるべきでないなら、あなたはその教えを上手に使うべきであり、捕捉されてはなりません

そして、正見(正しい見方=全ての見方の欠如=私たちを解放する能力=洞察=智慧)は、正思惟(正しい思考)に非常に役立ちます。(思考の)作家はあなたの見方ですので、(正見によって)あなたの思考はより良くなります。そして、それら(正見と正思惟)は互いに相互に作用します。あなたの思考が良い方向にある(非思考)なら、あなたの正見が成長し、あなたの自由が拡大します。
:引用終わり

<鍵となる語句>
正思惟(正しい思考)は全ての思考の欠如です。
正思惟(正しい思考)は完全な非思考です。
正思惟(正しい思考)は、4つの栄養の観点からの思考です。
正思惟(正しい思考)は、無常(空の時間的側面)、無我(空の空間的側面)の観点からの思考です。
四諦、八正道、無常、無我は、実践のための道具なのです。それは正思惟(正しい思考)です。
あなたがこれら(四諦、八正道、無常、無我)を概念として、戦ってそのために死ぬ教義として考えるなら、それはもはや正思惟(正しい思考)ではありません。
正見(正しい見方)は、正思惟(正しい思考)に非常に役立ちます。
(思考の)作家はあなたの見方ですので、(正見によって)あなたの思考はより良くなります。
正見と正思惟は、互いに相互に作用します。

(参考) 
http://compassion5151.blogspot.jp/2016/09/blog-post_30.html
http://compassion5151.blogspot.jp/2017/01/2.html
http://compassion5151.blogspot.jp/2017/01/blog-post.html
ティク・ナット・ハンの書

Friday, March 3, 2017

Right Thinking = No thinking

Listen deeply to the following Thay's Dharma talk on Right Thinking from 25:07 to 28:50.
https://tnhaudio.org/2017/02/26/practice-engaged-buddhism/
The followings are excerpts. This Thay's clear explanation of Right Thinking is exactly what I have been looking for and I totally agree.

Quote:
And then the second aspect of the path is the Right Thinking, Right Thought. As far as the absolute truth is concerned, Right Thinking is absence of all thinking. It is direct encounter with reality. You don't need to think. Like you are tasting a mango, you are having authentic, true, real experience of the mango. You don't need to think that a mango tastes like this, like that, the notion of mango. You don't need any notions of mango because you had a reality of mango. Right? So, Right Thinking is no thinking at all.

But when you have not got the real thing, you need some kinds of notions, you need some kinds of orientations in order not to go astray. You have to go into the direction of the mango. So, Right Thinking is the thinking in terms of the four nutriments. Right Thinking is the thinking in terms of impermanence, non-self. It helps. Because if you think in terms of permanence of self, you suffer much more. And it is always important to remember that these are teachings as four nutriments; Four Noble Truths, Noble Eightfold Path, impermanence, non-self are instruments for the practice. And that is Right Thinking.

And if you conceive these as notions, as a doctrine to fight and die for, that's no longer the Right Thinking. Even if these are Buddhist terms, we are to be free from the teachings of the Buddha. We have to be free even of the teachings of the Buddha. If you should not get caught in the teachings of the Buddha, you should make good use of the teachings, not get caught in it.

And the Right View (the absence of all views, the capacity of liberating us) helps very much with Right Thinking. Because the writers are your view the better of your thinking.  And they interact with each other. If your thinking is in good direction, and then your right view will grow, your freedom will grow. 
:Unquote

<Key phrases>
Right Thinking is absence of all thinking.
Right Thinking is no thinking at all.
Right Thinking is the thinking in terms of the four nutriments.
Right Thinking is the thinking in terms of impermanence, non-self.
Four Noble Truths, Noble Eightfold Path, impermanence, non-self are instruments for the practice. And that is Right Thinking.
If you conceive these as notions, as a doctrine to fight and die for, that's no longer the Right Thinking.
Right View (the absence of all views, the capacity of liberating us) helps very much with Right Thinking.
Because the writers are your view the better of your thinking.
Right View and Right Thinking interact with each other.

(Cf.) 
http://compassion5151.blogspot.jp/2016/09/right-thinking-non-thinking-insight.html
http://compassion5151.blogspot.jp/2017/01/2-types-of-thinking.html
http://compassion5151.blogspot.jp/2017/01/right-thinking.html

Thay's calligraphy